カンジダ症

繰り返すカンジタ症、予防方法は?繰り返すカンジタ症の予防方法と、市販薬の紹介

「膣カンジタ症」は、膣内にカンジタ菌という、カビの一種が繁殖して起こる病気です。
このカンジタ菌は、女性の誰もが持っている菌です。

膣カンジタ症

カンジタ菌が、抗生物質や妊娠、疲れストレスなどでバランスを崩した膣内に、
異常に繁殖してしまう病気で、さまざまな症状が現れます。

膣カンジタ症の症状としては
膣周辺や内側の痒み
酒粕・カッテージチーズのようなおりもの
膣外部の腫れ・赤味・ただれ
排尿痛・性交痛
などがあります。

ストレスや疲労などが続くことで、体の免疫力が落ち、膣カンジタ症を繰り返してしまい、
悩んでいる方は多くいらっしゃいます。
発症するたびに、病院に行くのは億劫なものです。

「膣カンジタ症」を繰り返さない為の、予防法を紹介します。

免疫力を高める
日頃から、ストレスを溜めない生活を心掛けましょう。
ホルモンバランスの乱れも原因の一つです。
更年期や、妊娠中も注意が必要です。

乳酸菌を摂取する
ヨーグルト・キムチ・納豆などの発酵食品は、乳酸菌が多く含まれます。
生理前一週間から生理中は、膣内の膣内のPHが下がる事で、カンジタ菌が繁殖しやすくなります。
乳酸菌は、膣内を正常にする働きがあると言われています。
日頃から、乳酸菌を多く含む食品を定期的に摂取することは、膣カンジタ症の予防につながります。

通気の良い、清潔な下着を着用する。
湿度がこもりやすい状態は、カビ菌の繁殖にも影響を与えます。
綿素材などの、通気の良い下着を付けるようにしましょう。
生理時は、まめにナプキンを取り換えるように心掛けます。
毎日、入浴して清潔に保つ事も大切です。
使い捨てのビデを上手に使う事も良いでしょう。
但し、洗いすぎは皮膚の炎症やせっかくの自浄能力を殺してしいますので、気を付けましょう。

膣カンジタ症の市販薬

膣座薬や軟膏タイプが販売されています。

主な市販薬
フェミニーナ
メンソレータムフレディCC
メディトリート
エンペシド
などがあります。

膣洗浄などの病院でしかできない治療もありますので、薬の使用は自己判断せずに、
医者の診断を仰ぎましょう。