カンジダ症

妊娠中はどうしてカンジダ症になりやすい?治さないと赤ちゃんはどうなってしまうの?

カンジダ症とは?

カンジダ症は主に女性が多くなりやすい性病一種です。
症状としては外陰部や膣内がものすごく痒くなり、たくさんのオリモノが出てきます。
そく例にされるのはカッテージチーズのようなオリモノと言われており、若干の異臭もします。
しかしこのカンジダ症は女性が誰しも持っているカビ菌の一種であるカンジダアルビカンスが原因で基本的に性交渉によって性病になるものではありません。
主な原因として、本人の体調が崩れたり大きなストレスがある場合、また免疫力が低くなると体内で増えて性病として顕われます。
人から移るものではないのですが、異常な性器のかゆみを感じる事から別の性病と思い病院に駆け込む人もいます。

どんな人がなりやすいのか

上記に記載した通り、女性誰しもなりやすい病気ではあるものの特になりやすいのは妊娠中の女性と言われています。
妊娠中はストレスや家事の負担も多く、また妊娠した事により膣内の乳酸菌のバランスに変化が生じ、
カンジダ症の原因になるカビ菌が増殖しやすい環境になっている為カンジダ症になりやすいと言われています。

妊婦さんが治さないとどんな影響があるのか

妊婦さんのカンジダ症は出産前に完全に完治させておく必要があります。
というのも、赤ちゃんは産まれてくるときにお母さんの膣を産道とし産まれてくる子がほとんどです。
その際にカビ菌がいると、免疫力の低い赤ちゃんに大きな影響を与えてしまうからです。
ちなみに出産前は子宮の中におり、羊水で守られているので心配ありません。
しかし産まれてくるときにカンジダ症を完治しておかないとと鵞口そう(がこうそう)という口の中の病気になる事があります。
また、酷い場合は肺炎を起こす場合があり、すぐに退院出来なくなってしまいますし最悪の場合も考えられます。
そのため妊婦さんは特にしっかりと治しておく事が必要です。

妊娠中のカンジダの治し方

違和感を感じたらすぐに病院に行って検査をしてもらう事が必要です。
検査はすぐに終える事が出来ますし、治療方法も至って簡単です。
外陰部にもかゆみがある場合は軟膏が処方されますが、膣内の浄化をメインとするので膣錠が処方されます。
数日間一日一回、清潔にした膣内に指で押し込むように膣錠をいれるだけです。
カンジダ症は一度発祥すると比較的なりやすい(気が付きやすい)病気でもあります。
最近ではそういった方の為に薬剤師のいるドラッグストアで販売もされているのでしっかりと治す事が必要です。