カンジダ症

男女がカンジダ症になるとそれぞれどんな症状がでますか?カンジダ症がもたらす症状

カンジダ症は特に女性に多い病気だと言われています。
また男性に症状が出ることもありますが、この場合包茎の男性にかゆみなどの症状が出やすいという特徴があります。
そもそも、カンジダ症とは真菌(カビの一種)が原因となって起こる病気です。

通常人にも存在する菌であるため、性行為によって移ると思われている「性病」ですが、
カンジダに関しては性交以外にも抵抗力が低い時や疲れを感じているときなどに症状を引き起こす危険がある病気です。
もちろん、症状が出ているときの性交により、相手への感染と同時に症状を悪化させる危険もありますので
カンジダとわかったら性交は避けるようにしましょう。

主に男性の場合は、カンジダ菌を保有していても症状が出ることはほとんどありません。
まれに、包茎・糖尿病・ステロイド剤の投与が原因で症状が出ることもあります。
症状としては、かゆみただれ白いカスが出る尿道炎を起こすなどがあります。
もし少しでも気になる症状が現れた場合、パートナーに感染させてしまう危険があるため、
早めに治療してもらいましょう。

女性の場合は外陰部と膣に症状が現れることが多いです。
主な症状としては、外陰部膣のかゆみヨーグルト状のおりものの増加性交痛性器の炎症などがみられます。
風邪疲労、の他にもストレスで症状が出ることもあります。

少数ですが、再発を繰り返す可能性もあります。
現に私の周りにもカンジダにかかった子が何人かいました。
私の友人は主に「陰部と膣がかゆい」という症状から病院にいき、発覚しました。
おそらく、そのとき風邪で抵抗力が下がったため、性交からの感染ではないという結果でした。
風邪と性病がまさか関係しているとは思わず、驚く方々もいると思いますが意外と身近な感染症ですので、
少しでも心当たりのある症状が出た場合は早めに治療してもらうようにしましょう。
治療のながれとしては、連日通院して膣洗浄をしてしてもらい、塗り薬や膣錠を使用するのが一般的です。