カンジダ症

おりものの異常と痒みが同時に発生したらカンジダ膣炎を疑い、すぐに専門医の診察を受ける

カンジダ膣炎の基本知識

下着に魚が腐ったような臭いのあるカッテージチーズのようなポロポロと粘り気のないおりものが付着し、猛烈な痒みを伴う膣カンジダ症はカンジダ膣炎や性器カンジダ症ともよばれます。
感染症の一種ですが性行為によって移る感染症ではなく、膣内の常在菌であるカンジダ真菌(カビ)が一気に増殖することが原因で性行為が未経験の人でも発症します。

カンジダ膣炎の原因となる行為

カンジダ膣炎の原因となる行為は、免疫力が低下しているときに抗生物質を飲むことです。
膣内では常在しているカンジダ菌と良い菌がバランスを保っていますが、抗生物質を服用することにより本来のターゲットとなる悪い菌だけでなく膣内の良い菌まで殺してしまいカンジダ菌の割合が必然的に上がってしまい痒みやおりものの異常が発生します。
また妊娠風邪を引くなど身体全体の免疫力が下がっているときに起こりがちです。

カンジダ膣炎の治療法

内診を受けることが前提となるので、婦人科や産婦人科などの設備が整っている医療機関が良いでしょう。
患部の触診や検査を受けた後、カンジダ膣炎と診断された場合にはまず膣内洗浄を行います。
普通に洗浄水で洗い流すだけです。
そしてカンジダ菌の繁殖を抑える薬の投与、痒み止めを塗ることで完了します。
繁殖を抑える薬は膣剤で医師により膣の中に入れるだけで、自分で入れるようなことは滅多にありません。
症状が収まらなければ、この治療を数回繰り返します。

カンジダ膣炎の注意点

カンジダ膣炎は珍しい病気ではなく、自身の免疫力のバランスが崩れることが原因なので幅広い年齢層の女性が何度もかかることがあります。
どのような病気でも同様ですが、患部の症状がひどくなる前に専門の医療機関で診察を受けることです。
デリケートな部位なので放置しておくと、尿道炎や妊娠の妨げになる可能性もあります。
特に「性器の痒み、おりものの異常」という周囲に相談しにくい症状ですが診察・治療を受けることで不安や痒みから解放されます。